無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 クニンガン   

4月15日はクニンガン。
タンジュンプリオックの
Pura Dalemでの祭礼に参加。
d0106014_00585169.jpg
夕方4時頃から奉納のトペンが始まる。
なんか、最近この時間から
おじちゃんに混ぜてもらうことが多くなった。
いまだによくわかんない時もあって、
そんな時にごまかすことだけは得意になった。

そのあとお祈りに参加しちゃうのも
お寺で晩御飯をいただくのも
それを手で食べるのも
なんか最近フツーになってる。
そしてご飯を食べ終えたら
ヒブラン(娯楽部門)が始まって
夜まで演奏に混じる。

写真もあんまり撮らなくなっちゃって
ありゃりゃなことが多いけど、
隣に座ってたおっちゃんが
こんなの送ってくれた。
d0106014_01020401.jpg
師匠の義兄、スマさん。
ありがとね。

[PR]

# by tomokin_syd | 2017-05-03 01:04 | gamelan | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ASC創立記念パーティー2017   

毎年4月12日、
アリスタさんのお誕生日に
大々的に開催される
アリスタセンター創立記念パーティー。

今年はリッツカールトンで。
d0106014_00151548.jpg
朝9時集合したものの、
なかなか進まないリハや
サウンドチェック。
とにかく毎度毎度のだらだら進行で、
昼寝したりして待つ。
実は、この日朝一番の別の演奏を
ぐぐっと我慢してキャンセルした。
出たかった。
そんな私の中でふつふつと湧き上がる
「これやったら、あっちも出られたやん。」

ま、そうは言いつつ
髪の毛を逆立ててイブイブヘアにしたり、
メイクしてもらったりするのに
結構時間がかかるからね。
人数多いしね。
d0106014_00182261.jpg
そうこうしてるうちに、
お客様がどんどんやってきて、
友達もいっぱい来てくれて
一緒に写真撮ったりしてるうちに、
午後7時。
パーティースタート。

予定では8時頃に出番だった。
なのに、アリスタさんのスピーチが長くて、
なかなか出番はやってこない。

朝からブロイラー状態でお腹はいっぱい。
舞台裏の椅子に座って
うとうと寝ちゃってたら、
どこからともなく聞こえてくる私の名前。
へ?誰かが私のこと呼んでる?
もしかして舞台で呼ばれてる?
もしかして出て行かなくちゃいけない感じ?

寝ぼけまなこで
裏手から舞台に上がったら、
なんか「ひょーしょーじょー」を
もらっちまいました。
d0106014_00335146.jpg
なんで表彰されたかもよくわからず、
アリスタさんと握手して、写真撮られて
もらった額縁と記念品を持って
裏手に戻ったら
誰かにあっさり両方とも持って行かれて、
わさわさっと出番がやってきた。
この時すでに9時過ぎ。
d0106014_00163536.jpg
曲はグスリ、サラスワティと
コラボラシ4曲。
サラスワティは
クンチャナの皆さんに踊ってもらったよ。
d0106014_00160133.jpg
それにしても、朝9時集合で
出番が夜9時。
スタンバイが12時間って
どんだけだよおおお。

Yちゃんとはこの日が本当に最後の最後。
翌日には機上の人となった。
みんなといっぱい写真を撮って、
別れを惜しんだ。

もちろん一時帰国でまた会えるけどね。
また一緒に舞台を踏めるのはいつだろう。。

[PR]

# by tomokin_syd | 2017-05-03 00:37 | gamelan | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 最後のブカシ   

いつか来ると覚悟はしてたものの、
やっぱり相方の帰国は辛い。

4月11日、
Yちゃん帰国前最後のブカシ。
d0106014_23392761.jpg
この日は、Yちゃんの希望で
ルジャンのレヨン。
途中で、豪雨が来て、
ああ、ブカシの空も泣いてるよ〜ってね。
(師匠のおでこは晴れてるけどね)

ブカシに行くたびに
二人で通ったバクミーカリマラン。
d0106014_23402781.jpg
最後の最後まで
ジュースジャンブー(グアバジュース)を
注文したYちゃん。
d0106014_23474474.jpg

お見事。
一度も違う飲み物を頼まなかったね。

これからはポイントも貯まらないし、
一人で行くのは寂しいから、
お昼食べずに直帰しちゃいそう。

でもね、この日はね、
なんか実感がわかなかったのよ。
イブイブグループで送別ランチもしたし、
最後の練習だって、記念撮影もしたし、
なんだかんだ「送別」イベントはあったんだけど、
また来週って気がしたんだよね。

彼女が帰国して半月経った。
最近になってじわじわっときてる。
レヨンもガンサもリンディックもクンダンも
やっぱり二人で練習がいい。
誰かまた、こんなおばさんに
付き合ってくれる奇特な人、現れないかなあ。

[PR]

# by tomokin_syd | 2017-05-02 23:42 | gamelan | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 桜といえば   

桜といえば、
師匠はもちろんだろうけど、
生粋のニッポン人の私も
かなり期待してたんだよね〜。
今年は開花宣言が早かったでしょ。
こりゃちょうどいい時期に帰るなあって。

なのに、開花宣言から満開まで
どえりゃー時間がかかったせいで、
師匠どころか私も、、、
見逃したよ、満開の桜。。。

神戸にいる間は、とにかく寒くて、
桜じゃなくても閉じこもってたい気温でね。
で、2日に横浜に戻った頃から
一気に暖かくなってきて
よっしゃーあと1日で満開にして
っと思ったけど、
さすがにそういうわけにはいかず。。。

これが3日の根岸森林公園っす。
d0106014_20575230.jpg
後方に赤茶色く見えてるのが桜の皆さん。
近くに寄ってみると
ぼちぼち咲き始めてるって感じ。
ほぼほぼ9割がまだ蕾。
d0106014_20585410.jpg
もちろんご近所では、
桜の種類や場所によっては
結構咲いてるのもあったんだけど、、、
d0106014_21001354.jpg
それでも7分咲きってとこだったな。
あともう一息っ!

せっかくだから見たかったわあ、
森林公園がピンク色に染まるところ。

3日はお天気もよかったんで、
カメラ抱えてお散歩した。
d0106014_21031617.jpg
こういうの、ジャカルタじゃないな。
お花がこんな風に咲いてないし
落葉樹ってあんまり見ないから
眩しいほどの新緑ってのもないしな。

っつうわけで、桜の満開を待たず
翌4日の飛行機でジャカルタに戻った私。
4月は12日、15日、22日と本番があって
日本にゆっくりするわけにもいかなかった。

ちなみに4日朝、
マンションの前にあった公衆電話ボックスが
からっぽになってることに初めて気付き、
YCATへのタクシーを電話で呼べず
かなり焦ったことをここに記す。

NTT、ふざけんじゃないぞ〜
公衆電話、勝手になくすなああああ!

すみません、
日本の携帯を持っていない
短期滞在者の勝手な都合で
吠えさせていただきました。

[PR]

# by tomokin_syd | 2017-05-02 21:10 | flora | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 師匠 in Kobe   

2017/03/31
父の法事の前日。
ブカシの師匠が雨の神戸にいた。
みぞれまじりの六甲おろし。
神戸で育った私でさえ震え上がった3月末。
南国からやってきた師匠は、、、
あのお、それって、
いっつもバイクに乗る時に着るスウェットだよね?
その下、まさかTシャツじゃないよね?
え? やっぱり半袖一枚なわけ?
で、なんで裸足なん?
それ、いっつものブカシの格好やん。
あかんやん。ぜったい寒いやん。

でも口が裂けても寒いと言わない師匠。
まあ、演奏は室内で、
あったかいからいいけどさ。

バタック出身のピアニスト、マルシアとの共演。
衣装も半袖のバジュを着てる師匠。
d0106014_23050078.jpg
このマルちゃん、IKJの先生で、作曲家でもある。
インドネシアをモチーフにした曲を5曲。
新神戸の神戸芸術センターで行われた
国際アートフォーラム的な催しで演奏。

髪型がやや爆発気味の
無駄に明るいおばちゃんだと思ったら、
これがなかなかに素敵な曲を作るアーティスト。
d0106014_23085243.jpg
リハーサルで最後の微調整をする二人は
ほんにかっこよかった。
ちょっとワクワクした。

バリのガムランに限らず、
インドネシア各地の数え切れない鳴り物を
次から次へと弾き続ける師匠。
(楽器一覧)
d0106014_23061196.jpg
挙げ句の果てには自らお面を被って
歌い踊り出した。
d0106014_23125302.jpg
なんかこう、芸術が爆発してた。
いやあ、すごかった。
いいもの見せてもらった感じ。
すごく得した気分。まじで。

終演後、衣装の上に例のスウェットを着て、
さらに愛弟子に借りたダウンを羽織り、
まるで着膨れしたねずみ男のような格好で
寒さに震えながら一服する師匠が
いつもよりひと回り大きく見えた午後だった。
(ま、物理的にもひと回り膨れてたけどね)
d0106014_23144625.jpg
師匠、
桜、見れなくて残念だったね。

[PR]

# by tomokin_syd | 2017-05-01 22:32 | gamelan | Comments(0)